秋子めも

秋子と書いてしゅうこと読みます。日記だったり小学生みたいな作文だったり徒然と書き綴る

見た夢と惚気の吐き出し

午前3時半、隣で寝ていた彼氏に「秋子ちゃん、秋子ちゃん!」とたたき起こされた。
ハッと目を覚ますと私は声を上げて泣いていた。後説明するが嫌な夢を見ていて夢の中で声を上げて泣いていたのだが現実でも寝ながら声を上げて泣いていたらしく驚いた彼に叩き起された次第である。
目を覚ました私は夢であったことに安堵しつつもしばらく夢と現実の微妙な狭間の浮遊感に包まれながらぼろぼろ泣いた。クソ夜中だというのに私が落ち着くまで始終抱きしめて背中を叩いてくれた彼氏に感謝です。

さて見ていた夢の内容というのが改めて文章に書くとバカバカしい。けれど夢の中では一大事だったのです。
本日金曜日、友人とその彼氏、私と彼氏の4人で仕事終わりに私の部屋で飲む予定なのですが夢の舞台はまさにそこでした。
4人でお酒を飲みつまみが切れたのでなにか作るかと私は台所に立ちました。するとインターホンが鳴る。開けるとそこにはアイドルマスターシンデレラガールズのキャラクター、高垣楓がいらっしゃる。ちなみに現実における私の彼氏は高垣楓Pなのですが、夢の中だとアイドルだけれど彼氏の昔からの遊び仲間の1人という位置付けでした。
そして「〇〇くん(私の彼氏)いらっしゃいますか~」と。その時点で少し嫌な気持ちになりながら、私は彼氏を呼ぶ。私の機嫌が悪いことを彼は察し、気をつかって玄関を閉め玄関の外で対応することに。それも私の神経を逆撫でした。気付いたら一緒に飲んでいた友人とその彼氏はもういなくなっていた。中々戻って来ないのもあってイライラと不安が募ってゆく。
そしてようやく戻ってきた彼氏。手にはスタバのカップ。
どうやら新作の試供品貰ったけどいらないからとくれたそう。遊びの誘いは断ったと。
「一緒に食べよう?」
と聞いてくれる彼につっけんどんにいらないと返す私。そんな事言わずに、と優しくしてくれる彼にもいらいらが増す。ついには台所の流しに置いてある調味料をガシャガシャ!と腕でまとめてスライドさせ流しの中に放り込み包丁……は思いとどまってボウルやらなにやらを台所から部屋に向かって投げ始め、発狂し始める。イライラが止まらず、ついには「高垣楓のあの格好何!?!?下着じゃん!!!!風邪引くよ!?!?」と彼氏に言っても仕方ないことを言い始め。ちなみに訪問した高垣楓の格好は色が思い出せませんがサマーカーディガンから白いレース下着(上下セット)が丸見えで下はお尻までずり落ちたデニムのショートパンツ?ホットパンツ?でした。我ながらマジでセンスねえな。
とりあえずイライラが抑えられず、かつ欲望を抑えず、暴れ、何故か立てて置いてあった敷き布団?にドロップキックをかまし衝撃で倒れた敷布団の間に挟まって「生理前に毎回毎回こんなむしゃくしゃすんのやだーーーーーー!!!」つって泣きわめき始めたところで現実にて起床です。
イライラと不安という二つの言葉にまとめましたが、夢の中では言語化しづらいモヤモヤムカムカとした曖昧な感情が胸焼けがするほどみっちりと渦巻いていました。

以上そんな夢です。

以下考察です。
付き合う前から私にとって高垣楓は宿敵でした。いくつか前の惚気記事で、返ってこないラインにめげそうになったと書いたじゃないですか。既読もついてないのにお互い相互フォロー中のTwitterではスクショ付きでモバマス高垣楓があがってるんですよ。つまりは携帯いじってるんですけど私は高垣楓以下の存在だったんです。嫌いじゃないし好きなキャラ上位5人には間違いなくくい込んでくるくらいには好きなんですけどこいつにかまけてラインもまともに返してくれないと思ったら憎たらしくて仕方なくて。二次元キャラに妬いてるとか我ながらまじでキモッって感じなんですが抑えられないものは抑えられないわけで。とりあえず好きなのにひどく憎たらしかったです。最近では彼は私に課金しているので二月末のデレステ期間限定SSR高垣楓は課金せず見送っていてしめしめという感じでした。私は1万円課金しました。
それはさておき、とりあえず高垣楓は私にとってある種敵わない存在であることは間違いなくて同じ次元だったらまるで勝ち目がないわけです。高垣楓はおそらく、現実世界における敵うことのない女達の象徴だったのでしょう。そういう存在に無意識に不安を感じてなんとか粗を探してつついても嫌な気持ちばかりたまる。
そのほかにも原因はいくつかありますが(どちらかというとそちらのほうが強い気もします)不安を押し流したかったのかと、思います。


とりあえず落ち着くまで抱きしめて涙を拭いてくれた彼が優しくて客観的に見ても本当に良い人だし、大好きだと思いました。
何はともあれ早く結婚したいです。考察は雑ですし惚気もわずかで見た夢の説明しかしてませんが吐き出せてよかったです。終わります。