読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋子めも

秋子と書いてしゅうこと読みます。日記だったり小学生みたいな作文だったり徒然と書き綴る

GW太りが深刻な件

GW太りが深刻です。パンケーキ食べに行ったり、茨城県ひたち海浜公園に行って帰ってきて酒飲みに行ったりココスのモーニングでフードファイターになったりしたせいです。原因は主に私です。つまり自業自得。そんな訳で昨晩は導入食としてお粥にし、本日は断食デーです。(彼氏は通常食)
既に辛い。
空腹を紛らわすべくこうして記事を書き連ねています。
タイミング良く先日書いたような書いてないような記憶が曖昧なのですが、gohobeeというアプリで腹筋を続けて御褒美を貰うというものをやっていて、その御褒美に資生堂のハラハチ習慣の3日分サンプルを抽選でプレゼントというのがあり応募してあったのですが、当選し届いていました。とりあえずこいつを先程飲みまして、もう少ししたら酵素液を豆乳で割ったものを飲みたいと思います。

あーもうおなかすいたやだーー。

ちなみに酵素液はお嬢様酵素
以前酵素飲んでましたけど体質的に合わないのかあまり痩せませんでした。その時の残りです。
断食が終わっても晩御飯はお粥に、というのは続けたいなあと思います。何故ならお腹が膨れるのが早かったので、ドカ食い防止になるなあと。炭水化物、中でもご飯大好きマンなので……。

今お腹すいたという感情しかなくてつらみしかないのですがとりあえず洗濯機が止まったので洗濯物を干したいと思います。
効果はともあれ月のものと相まってお通じ最悪と化しているのでGWで過剰摂取したお腹をリセットできればなと思います。
千文字にも到達しておりませんが終わり。

資生堂 ハラハチ習慣 酵母&ビフィズス 60カプセル(約30日分)

惚気たいです

午前4:44。ふと起床したらそんな不吉な数字が並んでいた。
隣で寝ていた彼も目を覚まし、ひとまず水を飲んだ。わたしはそこで覚醒してしまい今に至る。

本日4/26で彼と御付き合いをはじめて4ヶ月が経過しました。先月はサプライズでペアリングを貰い、割と本気で嬉しくて泣きました。今回は私がなにかしてあげたいなと思うのですが特に思いつかないので美味しい晩御飯を作ろうと思います。

いつも彼は隣で寝ているんですが、相変わらずふとした瞬間に擦り寄って来るので唇にちょんと指を当てるとえへへっと笑います。多分唇と指の判別が寝ているのでついていません。可愛いですよね。


そういえば生年月日を1桁ずつ足して、最終的に1桁にした時の数字がソウルナンバーで、数字が近ければ近いほど相性が良いと言うのを以前Twitterでみかけたんですが、やってみたところ私と彼は同じ数字でした。同じ数字はソウルメイトらしいです。
初めての彼氏なのもあって「まじ運命~(はぁと」とかやりたくなるくらいには頭にお花咲いてます。

死ぬほどのろけ倒したいのですがいざ惚気ける!となると思いのほか浮かんでこないものですね。
最近彼が隣にいることが当たり前になってきているので、この当たり前に感謝しないとなと思います。日々感謝の気持ちと好きな気持ちを忘れずに大切に歩んでいきたいです。

見た夢と惚気の吐き出し

午前3時半、隣で寝ていた彼氏に「秋子ちゃん、秋子ちゃん!」とたたき起こされた。
ハッと目を覚ますと私は声を上げて泣いていた。後説明するが嫌な夢を見ていて夢の中で声を上げて泣いていたのだが現実でも寝ながら声を上げて泣いていたらしく驚いた彼に叩き起された次第である。
目を覚ました私は夢であったことに安堵しつつもしばらく夢と現実の微妙な狭間の浮遊感に包まれながらぼろぼろ泣いた。クソ夜中だというのに私が落ち着くまで始終抱きしめて背中を叩いてくれた彼氏に感謝です。

さて見ていた夢の内容というのが改めて文章に書くとバカバカしい。けれど夢の中では一大事だったのです。
本日金曜日、友人とその彼氏、私と彼氏の4人で仕事終わりに私の部屋で飲む予定なのですが夢の舞台はまさにそこでした。
4人でお酒を飲みつまみが切れたのでなにか作るかと私は台所に立ちました。するとインターホンが鳴る。開けるとそこにはアイドルマスターシンデレラガールズのキャラクター、高垣楓がいらっしゃる。ちなみに現実における私の彼氏は高垣楓Pなのですが、夢の中だとアイドルだけれど彼氏の昔からの遊び仲間の1人という位置付けでした。
そして「〇〇くん(私の彼氏)いらっしゃいますか~」と。その時点で少し嫌な気持ちになりながら、私は彼氏を呼ぶ。私の機嫌が悪いことを彼は察し、気をつかって玄関を閉め玄関の外で対応することに。それも私の神経を逆撫でした。気付いたら一緒に飲んでいた友人とその彼氏はもういなくなっていた。中々戻って来ないのもあってイライラと不安が募ってゆく。
そしてようやく戻ってきた彼氏。手にはスタバのカップ。
どうやら新作の試供品貰ったけどいらないからとくれたそう。遊びの誘いは断ったと。
「一緒に食べよう?」
と聞いてくれる彼につっけんどんにいらないと返す私。そんな事言わずに、と優しくしてくれる彼にもいらいらが増す。ついには台所の流しに置いてある調味料をガシャガシャ!と腕でまとめてスライドさせ流しの中に放り込み包丁……は思いとどまってボウルやらなにやらを台所から部屋に向かって投げ始め、発狂し始める。イライラが止まらず、ついには「高垣楓のあの格好何!?!?下着じゃん!!!!風邪引くよ!?!?」と彼氏に言っても仕方ないことを言い始め。ちなみに訪問した高垣楓の格好は色が思い出せませんがサマーカーディガンから白いレース下着(上下セット)が丸見えで下はお尻までずり落ちたデニムのショートパンツ?ホットパンツ?でした。我ながらマジでセンスねえな。
とりあえずイライラが抑えられず、かつ欲望を抑えず、暴れ、何故か立てて置いてあった敷き布団?にドロップキックをかまし衝撃で倒れた敷布団の間に挟まって「生理前に毎回毎回こんなむしゃくしゃすんのやだーーーーーー!!!」つって泣きわめき始めたところで現実にて起床です。
イライラと不安という二つの言葉にまとめましたが、夢の中では言語化しづらいモヤモヤムカムカとした曖昧な感情が胸焼けがするほどみっちりと渦巻いていました。

以上そんな夢です。

以下考察です。
付き合う前から私にとって高垣楓は宿敵でした。いくつか前の惚気記事で、返ってこないラインにめげそうになったと書いたじゃないですか。既読もついてないのにお互い相互フォロー中のTwitterではスクショ付きでモバマス高垣楓があがってるんですよ。つまりは携帯いじってるんですけど私は高垣楓以下の存在だったんです。嫌いじゃないし好きなキャラ上位5人には間違いなくくい込んでくるくらいには好きなんですけどこいつにかまけてラインもまともに返してくれないと思ったら憎たらしくて仕方なくて。二次元キャラに妬いてるとか我ながらまじでキモッって感じなんですが抑えられないものは抑えられないわけで。とりあえず好きなのにひどく憎たらしかったです。最近では彼は私に課金しているので二月末のデレステ期間限定SSR高垣楓は課金せず見送っていてしめしめという感じでした。私は1万円課金しました。
それはさておき、とりあえず高垣楓は私にとってある種敵わない存在であることは間違いなくて同じ次元だったらまるで勝ち目がないわけです。高垣楓はおそらく、現実世界における敵うことのない女達の象徴だったのでしょう。そういう存在に無意識に不安を感じてなんとか粗を探してつついても嫌な気持ちばかりたまる。
そのほかにも原因はいくつかありますが(どちらかというとそちらのほうが強い気もします)不安を押し流したかったのかと、思います。


とりあえず落ち着くまで抱きしめて涙を拭いてくれた彼が優しくて客観的に見ても本当に良い人だし、大好きだと思いました。
何はともあれ早く結婚したいです。考察は雑ですし惚気もわずかで見た夢の説明しかしてませんが吐き出せてよかったです。終わります。

ダイエットのこと


彼とお付き合いを始めてからなんと3~5キロ太りました秋子です、おはようございます。
幸せ太りですね完璧に。デブから大デブに進化いたしました。ちょっとやめてよウンkg台には乗りたくない……。
てなわけでダイエットを始めました一週間くらい前に。踏み台運動と入浴時にシャワークリーム使ってのマッサージ、腹筋。
踏み台運動、開始して2日で足を強打し、足の甲に痛みが出たので中止いたしました(笑)
腹筋は初めはひいひい言ってましたが最近は2セットこなすくらいにはなってきました。鍛えられてるのがわかると楽しいですね。って思うから体育会系のノリがまだ残っているのだと思う。
そして最近、ダイエット系の記事を読み漁ってわかったのですが私はあまり筋肉つける系のダイエットは向いていないようです。筋肉太り系なので。上半身は猫背による脂肪太りなんですが下半身はゴリゴリ筋肉太り。運動部引退してからその上にぶよぶよと脂肪がつき霜降り肉と化してるためよくないらしい。マッサージを中心に徹底してやっていきたいです。

運動部を引退してから様々なダイエットに取り組みましたが三日坊主のため続かず。
1番体重が落ちたのって一人暮らしを始め、大学の授業でサッカーを、ほか予定が合えば週1~2回サークルでバスケットをしていたら3ヶ月で10キロ近く落ちた時ですね……。
夕ご飯少なめにして節約!とかほざいてたのもあって炭水化物をなるべく減らしていたのも大きいです。今では炭水化物をおかずに炭水化物を食べていますが。お米大好き炭水化物LOVEマンです。
近いうちに1~2日間の断食にチャレンジしたいと思います。ってこれ1年前にも言いました。
つまり全然できてないんですね。ダイエットも禁煙もなにもかも。
禁煙はおいおい……()
とりあえずはダイエットですね。
夏が来る前に!20代半ば、海で水着になれるのは最後!(まだ許されるギリギリ……と思いたい)ので、頑張りますよ彼氏できましたし。
マイナス20kgしたいところですがとりあえず半年でマイナス7kgを目標に細く長くゆるく続けていければと思います。


話を蒸し返しますがそういえば一番長く続いたのはおおよそ1ヶ月くらいでビリーズブートキャンプをやってました。元運動部としては最高にキツくて最高に楽しかったです。履けなくなったジーンズが履けるようになりました。
満足してやめちゃいましたけど(笑)
飽き性なので3日おきくらいに違うことをやってたら痩せそうですね……。

あーん!らくして痩せたい!これにつきるー!

何度も見たり読み返したり好きなもの

特にこれといったテーマが無くお題スロット開いて回していたところ「何度も見た映画」というものがあり、そこから派生し読み返したり見たりしているアニメや漫画等について書き連ねようと思う。サンキューお題スロット。

まあとりあえずとして私はオタクであると宣言しておく。過去記事の惚気でもそんなことをちょろっと書いた気もする。高校卒業して脱オタしたわけではない。
何度も繰り返して見るアニメ……と思った時にいきなり躓く。ない。
と思ったが録画しておいたハイキューは1~5話まで一気に見て3回ほど繰り返した。5話は確か及川徹登場回だった気がする。とりあえず5話あたりでチラッと及川徹が登場し見た瞬間に「あ、私はこの人にハマるわ」と確信した。
そして6話が放送された次の日には全巻まとめて買い揃えた。そしてどっぷりである。
私はこう……ハマる際は大抵主人公達のライバル側にあたるキャラクターを好きになる傾向がある。才能に恵まれず努力を重ね力をつけるも主人公達にかなわず……というキャラが好きだ。その最初にあたるのがホイッスル!の三上亮である。可愛すぎて仕方が無いですね彼は。
水野をライバル視するあまりにやらなくていいことをやり、挙句選抜落ち。とても人間くさくていいです。可愛い。
そしてリボーンのザンザス。これももう主役のツナに負けるの前提で登場してますよね。好きです。
脱線してしまった……。
とりあえず及川徹のおかげで珍しく旬のジャンルに手を出しました。
リボーンもホイッスルもはまっていたのが同時期ですからね、私……。リボーンはまだ連載中でしたけど下火になった頃でした。

あと何度も繰り返して見たのは「四月は君の嘘」ですね。レンタルして全話一気に見ました。自身が10年以上ピアノをやっていた為かピアノが関係している作品は割と好きです。四月は君の嘘は原作を知らずアニメから入ったのですが、いやあ主人公自分が弾いている音だけ聞こえないとかそんなわけ(笑)とかヒロイン役の女の子の病気もご都合主義すぎ(笑)とか思いながらみました。にもかかわらず一気に見て何度も見て何度も何度も号泣しています。(笑)最終回の2人で演奏するシーンは本当に唇をわなわな震わせながらみます。
アニメで美しく完結しているのでその後の続きとかあるのかもわかりませんが漫画の方はみていないです。
第1話で割と正確に月光の三楽章を弾いていて(ピアノの鍵盤を叩くところとか)感動したのを覚えています。
ショパンコンクール入賞の有馬公生独占インタビュー!みたいな妄想をして文章に書き起こしてニヤニヤしてます。二次創作にあたるので公開するつもりはないですが。
まあけどぶっちゃけ2年も弾いてなかったらかなり指が衰えるのでご都合主義も甚だしい作品ではありますが。


アニメの話ばかりになってしまった。まあ、いっか。この記事はここまでで終わることにします。


震災のこと

タイムリーな話だ。やはり書かずにはいらない。
私は現在関東県に住んでいるが地元が関東と言えども東北寄りなので(この時点でかなり特定できるであろうがあえて伏せる)、東日本大震災のとき震度6を体験した。
何度人に話してもゾッとするのだが、震災のあったとき、浪人して大学の合格が発表された後だった。交通の都合上、東北の某県の予備校に1年通っており定期の切れるギリギリまで合格の決まった友人達と遊び呆けていた。そう、定期の切れたのが3/10。もしこれが3/11だったら私は東北で震災を迎えていたであろう。整わない交通のせいで実家にもしばらく帰れなかったであろう。あれを家族と離れた地、しかも沿岸では甚大な被害のある県で迎えたとなったら相当なパニックに陥ることは間違いない。
しかし奇跡的に定期は3/10で切れていた。3.11当日私は定期が切れていたこともあり車を運転して自分の母校へ合格の報告をしに行っていた。自宅からは20分前後といったところか。
そして地震の起こる少し前、母校を後にし帰路へ。そして地震の起こる数秒前、自宅への最短ルートとなる細い田圃道を空腹のためコンビニに寄るルートをとろうと曲がらない判断を下した。これも曲がっていたらと思うとゾッとする。あの揺れでハンドルを取られていたら田圃に転倒していたであろうからだ。
曲がらず10mほど先の交差点で停止した時に地震は起きた。最初はガタガタと車が揺れついにオンボロ車が故障したか?と思ったがにしてもおかしい。目の前では対向車のトラックが、信号が、電線が、電柱が、揺れている。驚き焦るも信号が変わりとりあえず曲がってみる。そして通りの少ない中、たまたますれ違った車同様停止し、エンジンを切り、車から離れた。同じように車から出てきた御夫婦と言葉を交え、ドキドキする中、事の大きさを把握できずコンビニへと向かった。そこで大きな余震にあう。信号がついておらずおかしいな、とおもいながらコンビニへ入るも今思うと当然だが灯りもつかずレジも使えない為ぴったり払える分のホットスナックをひとつ貰い自宅へ。家へ入ると空気清浄機は落下しているしカラーボックスの上に鎮座していた小さな茶箪笥もひっくり返っている。仏壇の上にあった父の遺影も、位牌もそなえてあったものも倒れて落ちている。電気もつかない。そんな家の中にひとりでいるのが恐ろしくなり携帯と毛布、そしてワンセグ機能のついたウォークマンを手に車へ戻った。母に連絡するも繋がらない。ちょうど修学旅行で海外へと行っていた弟は無事間違いないがメールを入れた。そして私同様家にいるのが怖くなった隣の方と車の外へ出てお話し、思い出したようにワンセグ機能のついたウォークマンでテレビをつけた。そこには津波の映像がうつっていてゾッとした。沿岸ではないし沿岸に勤めている訳では無いけれど母は無事かと不安になり何度も電話をかけた。しかし繋がらなかった。
1度電気は復旧したのか確認すべく1度家へ戻ってみたがつかない為車に戻る。漸く母が無事だとわかったのは母が帰宅した夜8時前だった。
地震からおよそ5時間少し。本当に心細いし不安で仕方が無かった。その日に限って携帯電話を自宅に忘れていった為連絡がつかなかった。母も母で私の無事が確認出来て安心したようだった。電気もつかないし今夜は車で過ごそうかとなったがずっと車にいて明かりもなく真っ暗な状態で不安で仕方なかった私は母方の祖母の家はどうかと提案した。近くだから電気とかつかないのも変わらないよきっととごねる母を押し切ってそちらに住む叔父に連絡を取らせた。すると車で20分も離れていない距離なのにそちらは電気もつくし揺れたけどかわりはないと言う為その日はそちらにお世話になることにした。そして祖母の家で改めてテレビをみて事の大きさを思い知った。
以後連日放送される津波の映像に気が狂いそうでテレビをつけずに生活していた。入学式もなくなりぼやっとした状態で大学生活を迎え、ボランティアの文字も見かけたが目を背け続けた。

それから1年が過ぎ、大学の2・3年どちらもで履修しなくてはならない選択必修で被災地へボランティアに行く授業に配属された。(四つのうち三つを選びあとは先生方が人数をみながら配属を決めたのであまり自分の意志とは言えない)
アルバイトに精を出していたため時間が合わず前期中は1度も被災地に足を踏み入れることは無かったが、あくまで授業。夏休みのこれに参加しないと単位やらないと通達されたこともあり漸く重い腰を嫌々上げた。
してきたボランティアはなんてことはない、現地の団体が施設を借りて開催する支援物資配布がメインのイベントで他の団体が出しているものの支援や親子で来て子どもが退屈しないように子どもたち向けにゲームを一緒にしたりして保護者が安心して支援物資の供給を受けたりできるようにするものだった。
その日から上手いことは言えないが少し視界が変わったように思う。そのイベント以降積極的に授業でのボランティア遠征に参加するようになった。
学年が変わり、再び私はその授業を選択した。今度は自身の希望による選択だった。
およそ2年間で覚えてられない程度には足を運んだと思う。
ただそれだけだ。足を運んで言われた決められた事をしてくるだけ。ただ、向こうの人との触れ合いや言葉でまた来なくてはと思わされた。



そして先日の熊本の震災。
私はまた恐ろしくてテレビ等をつけていない。
けど今回は、ガレキの撤去でも物資の仕分けでも何でもいい、今現在の現地の様をこの目で焼き付けなくてはならないのではないかと強く感じている。単身乗り込むような行動力も持ち合わせていない。しかし先の授業でお世話になった先生に確認し、ボランティアを募ることがあるなら自ら志望して行きたいと、その程度のことは思っている。少しでも復興の足しになるのならば。

支援物資は廃品回収じゃないんだよとだけは言いたい。
支援でよく千羽鶴や寄せ書きを送られているのを見かけた。しかし今必要なのはそれではない。そういったソフト面はある程度ハード面が整ってからの話である。ソフト面での支援は今は全く必要ないわけではない。が、これからもう3ヶ月は先から本格的に必要になる、という感じだろう。
まずは義援金、寄付だけでも。
下手に動いて混乱や負担を招くくらいならば。

それでなくとも不便な避難所生活、更に女性の生理や授乳、障害を抱えた家族を連れてでの避難所生活は相当な苦労になるであろう。負けずに現在の状況と戦って欲しいと強く思います。ボランティア受け入れ態勢が整ったら実際に手を握り励ましに行くからと、今はどうにか耐え忍んでと遠く離れた関東の地から祈るばかりです。



ちなみに激しくすごくとてつもない余談だが初めて被災地へ足を運んだ日、一泊二日だったのだが初日にスマホを落とし画面をバキバキに使えないものにしてしまった。2日目帰ってきた時間は夜中。修理に行けず。そしてタイミング悪いことに帰ってきた翌日から4泊5日の集中講義で自由な時間が無く1週間携帯を使えなかった。


青春の一冊

図書カードに惹かれてやりたいなと思っても私の青春は今なので参加は辞めておくことにしました。
ここしばらく読書という読書をしていないなと。
最近読んだのはこちら。

号泣する準備はできていた (新潮文庫)

号泣する準備はできていた (新潮文庫)

しかもまだ途中。読み終えていません。
短編集なので少しずつ少しずつ読み進めています。

あ、あとは先日

堕落論

堕落論

こちらを読みました。TSUTAYAで150円くらいでしょうか。表紙とかほかの話が収録されているとかではなく封筒と1枚の紙によって出来たものを見つけまして。手帳とかにさっと挟めて持ち歩ける。非常に良いですね。
考察の対象の文学作品があるなら手頃だし数枚買ってめちゃくちゃに書き込みしたりするのにすごく良い。何がイイってページを行ったりきたりせずに開いてしまえば目を動かすだけでいい。(両面印刷のためその動きはありますが)
文庫本に書き込みするよりも遥かにハードルが低い。もっとたくさんこういうタイプの小説が発売されるといいですね。私は読書するなら電子より紙派なので。手軽に手を出しやすい。
脱線。
坂口安吾の話は私には難しかったです。美しい処女童貞のまま死ぬのが良いのか悪いのか。自由が約束されているのに不自由な現代。不自由なのに自由で輝いていて美しいのが戦時中。
これは並々ならぬ感性でもって成り立つのでしょう。この人も亦天才なのだなと感じました。
実は坂口安吾の作品を読むのはこれが初めてで、もっと生い立ちや他作品等を知っていれば合わせて色々と言及できるのですが残念です。私の食指が動かないのもありますが。
え?江國香織?嫌いではないけど言及するほどのものじゃないし中身もぶつ切りに読んでるから……ね。楽しく読めてます、って感じかな。読書感想文をかくのは苦手なのです。今のところ、こまつま がいちばん楽しく読めてます。


これだけではなんなのでひとつわたしのお気に入りを紹介しておきたいと思います。

家守綺譚 (新潮文庫)

家守綺譚 (新潮文庫)


梨木香歩の家守綺譚です。というか梨木香歩の作品はすべてオススメしたいです。大して作品数読めてませんが。きっと 西の魔女が死んだ あたりは皆さん読んだことがあるのではないでしょうか。映画かなんかにもなっててとても有名な作品ですよね。そちらは見たことがないので何も言えませんけれど。
漫画原作でアニメにもなった夏目友人帳をご存知でしょうか。どことなく夏目友人帳に似た空気を感じました。全然違うんですけどね。話としてはそういう感じです。(?)とりあえず夏目友人帳好きなら多分この類の話好きでしょ!!って感じ。さっきから「感じ」しか使ってない。いや、押し付けるのもどうかなって……。
  梨木香歩さんの作品は植物の描写が瑞々しくて美しくて素敵なんです。家守綺譚はその植物たちが毎回主役として彩りを見せていて顔がほころんでしまうんです。
季節は春。これから植物が青々と顔をのぞかせ始めますし、通勤通学のお供に是非手に取っていただきたい作品です。できたら紙で。

眠れなかったのですが眠気が来たので今回はこのへんで。